目指したのは、”機能性とスタイルの融合”
機能的で美しい日用品を誰もが気軽に使えるようにしたい。それが北欧デザインの核となるテーマのひとつです。
そんな北欧的な考え方に基づくブランドLILLE BABYは、常にそのルーツに立ち返り、「機能性とスタイルの融合」に向けて熱い情熱を傾けてきました。 生活の質を尊び、つねに誠実で、そして自然の美しさを慈しむ北欧的な価値観を貫いてきたLILLE BABYは、機能的でスタイリッシュなベビー用品を世界中のパパやママにお届けできるよう研鑽を重ねてまいりました。
赤ちゃんと密接な距離を保ちつつ、自然に絆を育んでいく。そんなシンプルで贅沢な経験を、完成された心地よさとスタイルをもって体感して頂きたい、それが私たちの願いです。
リルベビーのなりたち
LILLE BABYは2001年、ノルウェー人のリザベス・レーハンによって設立されました。
彼女はデザイナーとして<生活の質を向上させる>使命を製品に持たせるべきだと考え、その方法を意欲的に追求していきました。 ヨーロッパの各地で初期に手がけたデザインプロジェクトでは専門家チームの叡智と技術を結集させ、赤ちゃんのおむつのデザインにはじまり、石油プラットホームの作業員の安全改善機能デザインに至るまで、多岐にわたりました。 LILLE BABYを立ち上げた際にも、彼女はひとりの母親として単に製品をプロデュースすることだけに留まりませんでした。ママやパパ、デザイナー、カイロプラクティック療法士、ロッククライマー、小児科医、ファッションコンサルタント、安全専門家から成るチームを結成し、子育てをしている親たちの日常生活を徹底的に研究したのです。
チームが目指したのは、子育てをしているパパやママの生活の質を高めるために煩わしさを軽減し、赤ちゃんとともに過ごす生活をできるだけシンプルに送れるよう手助けするベビー用品の開発でした。 もともとは医学を志し、全人生を賭けていたリザベスですが、医師になることは最終的には自分の道ではないと講義の最中に悟り、教室を飛び出してしまいます。 こうして彼女の職業的人生は、本人が(そして両親が)意図したものとは違う方向に舵を取るのですが、それでも安全性と医学研究に対する興味が尽きることはありませんでした。

安全性と健康、それがLILLE BABYのデザインの基本です。 苦労してリサーチ会社を築いた成果が実り、使いやすくてスタイリッシュなLILLE BABYの安全性と快適さを融合させる方法にたどり着きました。
快適性、機能性、安全性、 そしてスタイルを
コンプリート=完成 させること
世界一のベビーキャリアを作る仕事に着手した私たちは、多くの歳月を費やし、リサーチを重ね、忍耐強く様々な試行錯誤を行いました。 ”コンプリート”という名前はもともと、次世代に向けたベビーキャリアを作っていた私たちのプロジェクト名でした。
私たちのミッションは ”快適性、機能性、安全性、そしてスタイルをコンプリート、完成させること” つまりあらゆる面で完成されたベビーキャリアをデザインすることだったのです。

チームが全員一致して、これは完璧なキャリアであると納得するまで発表は見送ると、私たちは誓いを立てました。 しかし、それには長く長い時間がかかったのです。子育て中の両親たちの生活を研究し、インタビューやモニターを重ね、デザインをおこしては変更を施し、その繰り返しを際限なく重ねた結果、今までにない最優秀世代のベビーキャリアへと進化を遂げたのでした。

「これで完成?」というのが最終的な問いかけでした。 その答えが名前の理由です。
さあそれでは一歩前に踏み出し、一緒に発見する喜びを探しにいきましょう。あなたの思い出を”コンプリート、完成させる"ために。